コラム テレビで話題 晩ごはん

「今日の晩ご飯何?」にイラッとくる理由

前回の「松本人志の酒のツマミになる話」の中で、さまぁずのお二人が、奥さんに「晩ご飯何?」と恐ろしくて聞けないという話がでていて、そう聞かれてイラッとするのは「私だけじゃなかったんだ」とちょっとした衝撃。

そう、オットにそう聞かれるとむちゃくちゃイラッときていました。それだけじゃなく、晩ご飯を四苦八苦して作っている途中、冷蔵庫に来るついでに調理の様子をヒョイとのぞかれるのも超イラっ。たぶん今日のメニューは何かなと知りたかったんでしょうが。

そのイラッとくる理由は自分でもよくわからず、とにかくイラッ。
つるの恩返しのごとく、この障子は開けないでくださいとぴしゃっと閉めたい。

でもイラッとくる理由はなんとなく心当たりがあります。長年の晩ご飯作りの中でこんなことが。

  • まだ新婚だった頃、はりきって料理本を参考に秋刀魚のアレンジ料理を出したら、「普通の秋刀魚の塩焼きがいい」と言われた。
  • 普段の会話の中で嫌いな食べ物の話をしていたら「俺、ぶりと大根の煮物が苦手」。私は甘辛く煮た大根が好きでよくぶり大根の煮物を出していた。イヤだったんだ。
  • 自分は料理がいっさいできないのに、調理中の私の「卵の割り方」「塩の振り方」に対してテレビなどで得た情報で口出ししてくる。(←たいがい間違い)
  • がっかり感が出てしまっている。
  • 自分は連休がいくら続いていて、私が仕事残業で遅くなっても当たり前のように、自分が晩ご飯を作るという発想がなし。

料理作りが好きな人にとっては、あまり共感が得られないかもしれない理由ですよね。
まずは、わたしは料理が不得手。まして毎日作る晩ご飯作りは苦行。でも誰も作る人がいないので仕方なく何十年と繰り返し作ってきています。その上、料理の好みって夫婦でも違いますよね。

自分がおいしいと思ったものでも不評だったりするとモチベーションがグンと下がる。もちろん文句や不満などほぼ言いませんが、箸の進み具合だったり、なんやかんやでわかります。

料理苦手なのに毎日のご飯作りをする主婦はとってもナイーブなんです。

美味しいものを食べたいし、食卓に出したい。「おいしいもの」は幸せの一つですもん。
ただ、それが必ず毎日強制的に作らないといけない、しかも食費のやりくりもしなくちゃとなると憂鬱。

それだけ主婦にとってはご飯作りは負担が大きいことなんですよね。
だからのんきに「今日の晩ごはん何?」って無神経に聞けるのは、自分の母親にだけでじゃないでしょうか?

私も、息子になら「今日何?」とか聞かれても、待ちきれなくてヒョイと調理中見られても、期待に応えなきゃとか、「かわいい」とか微笑ましいもんです。この差はなんでしょうかね〜笑

番組の中でも、さまぁ〜ずの三村さんが思い当たることがあるというエピソードに、

夫( 三村さん)
今日の晩ごはん何?
冷蔵庫の残り物
妻さん
夫( 三村さん)
飲みに行ってくるわ

冷蔵庫の残り物だったから外に飲みに行ったのじゃなくて、はじめから行く予定だったそうですが、確かにタイミングが悪かったですよね〜。

今日の晩ご飯を夫に聞かれてイラってくる理由にも向き合えたし、案外そういう人は多く、「あるある」なんだ〜とほっとしました。

 

スポンサードリンク

-コラム, テレビで話題, 晩ごはん

© 2021 50代主婦 LIFE note