【体験レヴュー】住吉大社の御朱印帳を手に入れました〜♪

ひさしぶりの良いお天気の日曜日。ポカポカ陽気に誘われて大阪の「住吉大社」へ参拝に行きました。目的はもちろん御朱印帳です。桜が満開のこの日は生まれたてのようなちいちゃな赤ちゃんがきれいに着飾られて「お初参り」の家族連れで賑わっていました。

おすすめ!住吉大社の御朱印帳はこんなに素敵。

住吉大社のシンボル「たいこ橋」を背景にかわいい刺繍のうさぎがとびはねたきれいな御朱印帳。
ピンクとブルーの2色があります。どちらも優しい色でベビーピンクとベビーブルー。

 

 

私は迷いましたが結局ピンクに。ビニールのカバーもついてかわいくていっぺんに気に入ってしまいました。

御朱印帳は1000円です。(御朱印代は300円。)

御朱印帳はお参りのあとに購入し、参拝の記念にいただくものなのでまずは参拝です。

住吉大社は学生のころ、友達とよく初詣にきていました。恒例のように毎年来ていたのにあまりの混雑ぶりにいつしか足が遠ざかり今日来たのは本当に20年ぶりかも。

住吉大社内は広く、大きな木や池、朱色の門など別世界に来た気持ちになります。幸せそうな赤ちゃんを連れた喜びに満ちた家族たち、外国の観光客も楽しそう。

太鼓橋のきれいなフォルムと満開の桜が咲き誇り花びらが舞う中、池のカモが仲間とスイスイ泳ぎ、そばには亀がユーモラスに泳いでいて…。

まるでそこは日本の平和そのものの風景。

 

現実のきな臭い北の核兵器がどうのこうののニュースがまるで嘘のよう。

もしかしてテレビの中のあの最悪なニュースは新しい戦争映画の紹介だったのかな?
と思いたくなるほど、穏やかで平和な風景でした。

神社やお寺の境内は多かれ少なかれ神聖な気持ちにしてくれるものですが、
私にとって住吉大社は特別空気が合う気がしてなりませんでした。

 

すごく心地いい。あまり霊感やなんやらの力は全くない私ですが、
「この場所、好き。」と心から癒された気がしました。(心が疲れていたので余計癒された気がしたのかな?)

住吉大社の五体力石のお守り

住吉大社内で楽しいイベントのようにいくつか回るところがあって一つは「五大力石」というお守り。
囲まれた枠の中に小さな石がたくさん敷き詰められてあり、

その石の中の「五」「大」「力」と書いている石を見つける。

1種類ずつ見つけたらその3つの石を五大力用のお守り袋(300円)にいれて願いが叶うよう大事に持つ。

願いがかなったら、近所の小石に同じように一つ一つに「五」「大」「力」と書いて最初に拾った3個の石と合わせて6個の石をまた住吉大社の囲まれた小石のあった場所に「倍返し」する。

というもの。

なので今回私が拾った石も誰かの願いがかなった石と言うことです。そして私も願いがかなったら同じように倍返し。
幸せの倍返しですね!あ〜願いがかなって倍返ししたい!

 

招き猫を集める住吉大社の「初辰まつり」

住吉大社の「楠珺社」では猫が神様のお使い。

毎月初辰の日に参拝に行くと小さな小さな招き猫が手に入ります。

  • 奇数月は左手招き猫で家内安全・身体健康・人招き。
  • 偶数月は右手招きで商売発達・お金招き。

その子ネコを48体で中ネコに交換。(4年)

中ネコ2体と子ネコ48体で大ネコに(12 年)

左手大ネコと右手大ネコ揃えて満願(24年)

まるでポケモンGOの進化みたい。にしても24年はきつい。。。生きてるか?私。

ちなみに平成29年の辰の日です↓

 

その日にどうしてもいけなくても大丈夫。子ネコは500円で売っていました。でも願をかけて通って集めてこそ価値があるもの。(どうしても事情があっていけなかった場合は買っておしまいでもいいですが参拝してこそですからねぇー。)

楽しいですね。他にも「おもかる石」というのがあって

  1. 石を持ち上げて重さを覚えておく。
  2. 願いを念じてもう一回その石を持つ。
  3. 「重い」と感じたら「願いが叶うように努力必要」、「軽い」と感じたら願いかなう

など、すがすがしい緑にかこまれた境内やその周辺のあちこちに楽しめるものがあって、穏やかな楽しい時間を過ごせました。

そして、ゆっくり心を休めたあと、御朱印帳に書いてもらい、めでたしめでたし。

御朱印帳ブームがなかったらこんな経験できなかったかも。御朱印帳ブームに感謝です。

 

住吉大社のホームページで詳しくはご覧くださいね。

スポンサードリンク